2006年12月07日

「きらきら秋の夢ひろば」参加団体よりコメントB

参加団体さんの当日の報告第3弾です。今回まとめてくださったのは、特定非営利活動法人まちアート・夢虫の半田さんです。

1、スクエア21
 「船橋小学校:路上ミニコンサート」
  *船橋の歌 「ダポちゃんのうた」、「夢の街」
  *合奏
 子どもたちがかわるがわるお話しする司会進行に、見ている人たちは楽しそうに聴いていました。子どもたちの活躍がこれからも期待されます!

2、スクエア21 ライブペインティング  ロッカクアヤコさん
   子どもの落書きのような大きな絵、船に乗った子どもや動物たち路上いっぱいに広がって、空を飛んでいきそうでした。アートがいっぱい、立ち止まってみていく人たちは「わあ、大きい」とばかりに見上げていました。通るだけでワクワクしました。
 
3、お獅子の練り歩き
 泣き出す子がいて、でもお獅子をやってるからにはそれもたのしみのひとつです!と獅子舞の人が言っておりました。

5、好きな絵を描こう!(大人も子どもも)
  大人のほうが夢中になってしまうところも!
  出来上がったものをウインドウにかざったのできっと学校帰りに見てくれたことでしょう!ダンボールで作った船は大きさがたりなかったみたいです!

7、指輪作り
  ひっきりなしに指輪作りの子どもたちでいっぱい。スタッフは昼食をたべるひまもなかった!でも小さなプレゼント用の箱に入れてうれしそうにもって帰えるこどもたちを見ているとスタッフのほうも元気が出ました!

DSC02404.JPGDSC02408.JPG皆でペイント。
posted by きらゆめ事務局 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ●2006きらきら秋の夢ひろば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

「きらきら秋の夢ひろば」参加団体よりコメントA

参加団体さんの当日の報告第2弾。今回は、(有)グッド・タイムの田丸さんからいただきました。

20061104田丸さん写真.JPG今回より「きらきらジャズストリート」と題した音楽イベントを同時開催させて頂きました。
当日はスクールの講師バンドがスクエア21前で、1時間と1時間半の2ステージを行ったほか、スクール生が中心となったアマチュア14バンドが野村證券前、ユニバーサルビューティーカレッジ前、森田呉服店前で各20分ずつ演奏させて頂きました。
ステージの最後では「上を向いて歩こう」と「明日があるさ」を大合唱しましたが、一般の方々も大勢参加してくださり、まさに感動のフィナーレと成りました。(写真が、その模様です)
このイベントを通して「きらきら夢ひろば」を盛り上げ、アマチュアミュージシャンの交流場になれば、との願いを込めてスタート致しましたが、プロ、アマ問わず皆が満面の笑顔で「楽しかった〜!!」と口々に・・・!!そして新しい友達の輪もたくさんできた様で、先ずは大成功と言える結果になりました。
つきましてはこの企画を快く受け入れて下さった本町通り商店街の皆さん、各団体の皆様方に改めまして御礼を申し上げます。気が早いのですが、既に次回春の開催に向けて、スクール生の皆さん方が中心となり「ジャズストリート実行委員会」も立ち上がりました。「音楽は平和な環境でした育たない文化である」と言われますが、この先ずっと平和で、きらきら夢ひろばに良い音楽が流れ、孫子の代まで続く事を願って報告とさせて頂きます!!

            (有)グッド・タイム 田丸さんより

posted by きらゆめ事務局 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●2006きらきら秋の夢ひろば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

「きらきら秋の夢ひろば」参加団体よりコメント。

先日開催されました「きらきら秋の夢ひろば」で、各ブースを担当してくださった団体の方からコメントをいただきましたので、こちらに掲載いたします。


船橋レクリエーション協会の皆さんのブースも大変盛況でした。
クラフトもレクスポーツゲームもすべて無料が受けたのではないでしょうか。
その上にゲームの方は参加者全員に飴玉を無料でプレゼント。
クラフトはフィルムケースゴマ、牛乳パックぶんぶんゴマ、人気の紙シャボン玉すべて工作OKで全部作った子供もたくさんいました。
ベーゴマコナーでは自分の改造ベーゴマ持参でやって来たおじさんには感心しました。

06-11-4 きらきら秋のゆめ広場 002 (5).jpg06-11-4 きらきら秋のゆめ広場 002 (14).jpg

マグネットダーツ、コリントゲーム、けん玉、ペッタン吹き矢に熱中のこども、輪投げに興じる親子連れの幼児もたくさん見られました。
我々のブースではさらに自転車での紙芝居屋さんがきたり、お船スピードコンテストがあったり、大変盛り上がりました。
皆さん楽しく喜んでいただけたようです。

    NPO法人船橋レクリエーション協会 正田さんより。


さて当日の件ですが、非常に好評でした。来年が船橋市・市制70周年ですので、それを謳い「船橋写真館」としました。
又いちばん古い船橋音頭と船橋小唄、のテープをかけました。
2年もかかってやっと見つけました。全体の印象としては、きらゆめののんびりとした良さが、欠けたようです。
「夢市・ふなばし」と合同だとメニューが多すぎて廻りきれない。
2日間にするとか、別にしたほうがいいのかもしれません。

   NPO法人にぎわい創生船橋駅周辺のまち 川守さんより。


posted by きらゆめ事務局 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ●2006きらきら秋の夢ひろば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

2006きらきら秋の夢ひろばのご報告。

11月4日(土)に船橋市本町通り商店街で開催されました「きらきら秋の夢ひろば」のご報告です。
詳細なリポートは、後日、写真館のほうにアップしますので、お楽しみに!

今回のテーマは、「きらゆめ丸で秋のアートを見つけよう」そのテーマの通り、アーティストのロッカクアヤコさんと、「アサヒ・アート・フェスティバル2006」参加企画「GOTEN GOTEN 2006 アート湯治祭」に参加していらした
現代アート作家の門脇篤さんをお招きし、全体企画を展開しました。

ロッカクアヤコさんには、スクエア21前のマンション建設現場の壁に大きな紙を貼って、きらゆめの開催時間中に、ライブペインティングをお願いしました。真っ白なキャンバスにかわいい女の子や男の子のイラストが登場し、1日限りのお披露目がもったいないくらいの作品になりました。

門脇さんの展示は、本町通りの街灯に色とりどりの毛糸を結び、歴史のある店舗をそのまま保存している森田呉服店さんの屋根からも毛糸を結びつけました。その毛糸に取り付けたのは、事前に参加団体の皆さんと一緒に作った紙で作った小舟です。船橋の港の船だまりに浮かんでいる貝をとるための小舟を思わせる形の小舟に、思い思いにイラストやコメントを記入したものを、毛糸にとりつけて展示しました。通りに風が吹くと、毛糸がゆらゆらと揺れ、小舟が波間に漂っているようで、通りがかる人たちが上を見上げてじっと見ていたのが印象的でした。

秋きらゆめ森田さん.jpg森田呉服店に毛糸のインスタレーションが登場しました。

秋きらゆめ100てん.jpg小舟には願いごとが書かれたものも。


秋きらゆめ船.jpgまちアート・夢虫さんの企画では、船の形に作られたダンボールに皆で絵を描きました。


これまで何度も開催してきた「きらきら夢ひろば」ですが、参加団体が当日は自分たちのブースにかかりきりになってしまいがちなため、なかなか全体として皆で少しずつ作る企画というものができずにいた部分がありました。
今回の門脇さんの企画では、毛糸に結びつける紙で作った小舟を、事前にそれぞれの団体で製作してきていただき、子どもの願いごとの書かれた舟や、大小さまざまの大きさの舟がお目見えし、商店街を彩りました。また、当日も舟づくりのコーナーや、舟のレースのコーナーを参加団体の方が自らのブースに併設してくださるなど、それぞれの得意な中から、少しずつ力を持ち寄って作られた全体企画になり、一歩前進、といった心持ちです。
門脇さん、どうもありがとうございました。

また、(有)グッドタイムの皆さんによるジャズ・バンドが総勢11組、通りのあちこちでライブを行いました。通り全体に音楽の流れていない時間がなく、またバンドによって演奏曲のジャンルも多様で、ボーカルありのもの、なしのもの、最近のポップスから往年の名曲まで幅広かったのも、多くのお客様に楽しんでいただけたのではないかと思います。グッドタイムの皆様が音響や配置について全面的にまとめてくださり、お祭りムードが演出できたように思います。皆様、おつかれさまでした!

もちろんそのほかの企画もたくさん行われました。後日、こちらのブログに写真と一緒に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに!


posted by きらゆめ事務局 at 00:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ●2006きらきら秋の夢ひろば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

仙台からアーティスト来訪!

06-09-30_17-58.jpg
11月4日(土)の「きらきら秋の夢ひろば」まであと1ヵ月。準備もちゃくちゃくと進み、もうすぐプログラムについても近日中にこちらのブログでお伝えしますのでもう少しお待ちください。お楽しみに〜!

さて、今回の「きらきら秋の夢ひろば」では、芸術の秋ということで、全体企画としてお2人のアーティストをお招きしてのプログラムを予定しています。仙台を中心に活動を続ける現代アート作家の門脇篤さんと、都内を中心に活動なさっているロッカクアヤコさんです。


今日は午前中に門脇さんが船橋まで下見にいらっしゃり、森田呉服店で店主の森田さんと打ち合わせをする(写真)など商店街全体を2時間ほど歩き回りました。
門脇さんは主に毛糸を使ったインスタレーションを展開なさっているアーティストで、秋のきらゆめでもこの毛糸を使い、また船橋にちなんで舟をモチーフにした作品が通りにお目見えする予定です。


今回の秋のきらゆめのテーマは「きらゆめ丸で秋のアートを見つけよう」。
皆さんも是非秋の一日を、本町通りでクリエイティブに過ごしてみませんか??
posted by きらゆめ事務局 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ●2006きらきら秋の夢ひろば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。