2009年09月28日

中川くんからのメール

門脇様

ラフのレビューがきましたので、以下のように、集約してみました。
やはり、ラフがあると色んなアイディアがどんどん出てきます。
お忙しい所ありがとうございました。

▼全体を通して
・物語の軸となるように、ダポちゃんを語りべにしたり、各ページでの解説役にするとでいいのではと思いました。
・漫画調、絵本調、テキスト主体など、様々なスタイルで記述していく方が、様々な要素を集約するコミュニティアートの手法とリンクして良い。
・塗り絵ができるページを設けたら面白いかも(城の壁の模様など)
・ワークショップ関係の絵に関しては、子供の目線(高さ)で書いていくとインパクトがあるのではと思います。

▼表紙
ページが切れてしまっているので、少しインパクトに欠ける気がするので、裏表紙はシンプルなものにして、表面を際立たせる。
というのと、このままでいいのでは、、というところで、意見が割れました。

▼p2−3(コミュニティアート城)
ラフは全体を俯瞰していて、きれいにまとまっているのですが、
参加者がきら夢の当日にみるような景色の絵の方が、来ていない人にも臨場感が伝わって良いと思います。

文章がいきなり核心に迫るものになっているので、ダポちゃんの吹き出しを作って「この空間はなんだろう?」
みたいな、参加者目線の文章にした方が見た人は食いつくと思います。
「コミュニティアートとはツールでなくソウルである。。。」の文章は最後の方に載せると全体の纏めになって良いのではと思いました。

▼p4−5(船で橋を)
個人的にはすごく好きです。
絵に関しては、きら夢ののぼりをいれると良いのではと思いました。
文章は、きら夢の説明があると良いと思います。

中川竜太


posted by きらゆめ事務局 at 12:04| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ○きらゆめ門脇篤の本町ふれあい日記(ブログ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。