2009年04月05日

模型作成中

2009_04_01 026.jpg

アートの門脇です。
5月16日に行われる「きらきら春の夢ひろば」では、昨年、「秋のきらゆめ」のおり、スクランブル交差点でつくった「大漁箱」による「船」を発展させ、本町通りの「セレクトショップ」をつくれないかと考えています。

selectshop001-1.jpg

上がその「セレクトショップ」と、来場者といっしょにつくる「コミュニティアート城」が合体したイメージ図です。
なかなかイメージがわかないので模型をつくってみることにしました。模型の作成にあたっては私がやっている塾の子どもたちにも手伝ってもらいました。

K3200540.JPG K3200546.JPG
K32005470.JPG K3200548.JPG
K3200547.JPG K3200549.JPG
2009_04_01 020.jpg 2009_04_01 029.jpg
2009_04_01 033.jpg K3200558.JPG
K3200559.JPG

こんな感じで10分の1スケールの模型をつくってみました!
どうでしょう。

また、セレクトアイテムもゲットしていかねばなりません。本町通りにはこだわりのお店が多いのでこのあたりは心配ないでしょう。むしろ、ありすぎて困るかも(本町通りに関してはこちらこちら)。
そうしてセレクトしたアイテムを当日、実際に販売するだけでなく、カタログをつくったり、ウェブで紹介したり、通販したり、船橋・本町通りアイテムを通じて誰かとつながったり、というのを進められないかと考えています。
こうしたことが考えられるのも、単発のイベントではなく、ひとつのプロジェクトとして「コミュニティアート・ふなばし」さんが考えてくれているから。何年かかけてひとつの場所、ひとつのコミュニティをテーマに取り組んでいくスタイルからしか生まれないものを実現させたいですね。
そして何より、この本町通りという商店街に魅力があるからできることでもあります。目先の値段や使い勝手のためになくなってしまっては決してならないものがあります。エコ関連で、農業などが今そうした意味では光が当てられつつあるように思いますが、商店街もそうしたひとつの「文化」として、もっともっと見直されてしかるべき場所だと思います。

門脇篤
posted by きらゆめ事務局 at 23:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○きらゆめ門脇篤の本町ふれあい日記(ブログ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116913357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック