2009年08月27日

秋のきらゆめ会議

コミュニティアート・ふなばしの中川くんから、先日行われた「秋のきらゆめ」会議についてそのもようを教えてもらいました。

とりあえず、「城」はOKだそうです。城、やりますよー。今度は「春のきらゆめ」の2.5倍はあります。ショップやDJブース付で、中は迷路になってます。

昨年秋から大ブレークの「宝さがしラリー」ですが、「秋のきらゆめ」は、本町通り商店街主催の「きらゆめ」のほか、駅前や山口横町など、船橋の中央市街地全域各商店街あげて企画が行われ、それを総称して「アイラブふなばし」という事業になっています。これは「ららぽーと」がやって来るときに危機感を募らせた百貨店と商店街が協働してはじめた事業で、デパートと商店街がいっしょにやっている全国的にも非常に珍しい取り組みです。というわけで、全エリアをまわる「スタンプラリー」が以前からあって、昨年秋の「宝さがしラリー」はいわばそれとかなりかぶった企画ではあったんですね。ただ、「スタンプラリー」は駅前から南北に行われる、いわば「縦」のラリーに対し、本町通りを歩いてもらうには東西方向の、いわば「横」のラリーが必要だ、ということで昨年はやってみようということになり、うまくいったのでこの春には商店街企画として行われたわけです。
特に「春のきらゆめ」の時期は本町通り単独での開催(「アイラブふなばし」は秋のみ)なので、ラリーもたいへん好評だったわけですが、やはり「スタンプラリー」とかぶっているのはどうか、ということになったようで、いろいろ意見が出され、他のNPOから(「きらゆめ」は本町通り商店街と千葉県の多数のNPOで運営しています)、「写真を使ったラリーなら混同されないんじゃないか」という意見が出たそうで、その方向で検討がはじまるそうです。
ひとつの試みがみんなの試みになっていく、このあたりがコミュニティアートの醍醐味ですねー

さて、最後にセレクトショップですが、これもばっちりやってくれ、とのことだったそうです。ただ、情報として、駅前の方で、こどもがお店屋さんをやる企画がもちあがっているとのこと。
セレクトショップはこの春から始まった企画で、本町通りのこだわりアイテムをセレクトし、それを売るというものですが、春はアイテムをセレクトする部分と売る部分とが一体化しておらず、いわば未完成のかたちでした。今回はできればこだわりアイテムをセレクトし、それをショップで売るというのを同じ人ができないか、特にこれをこどもにやってもらえないかと考えています。つまり「こども店長ですね」。
駅前の企画とも何とかタイアップしたりしていい策をねれたらと思っています。

(コメント:門脇篤)


posted by きらゆめ事務局 at 23:36| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ○きらゆめ門脇篤の本町ふれあい日記(ブログ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。